夏にも涼しく着れる麻100%シャツ、トゥモローランドの麻シャツ

夏にも着れるできるだけ涼しい長袖シャツについて。

半袖のシャツ(Tシャツじゃなくて襟付きのシャツ)は苦手なので、夏でもできるだけ長袖のシャツを着たい、と思い買ったのが、トゥモローランドの麻のシャツ

tomorrowland-shirt麻のシャツ

同じような麻のシャツは、ユニクロとか無印からも出ていますが、奮発してトゥモローランドのシャツを購入しました。ユニクロとはサイズ感と形が違い、着てみると違いがよくわかります。トゥモローランドの方が、スタイルがよく見えます。色は紺色です。夏に濃ゆい色は余計暑くなりそうな気がするんですが、実際は、濃ゆい色の方が、紫外線対策になるので、直射日光の下で延々歩いたりすることはないこともあり、濃ゆい色を選びました。

黒系の色は、紫外線を吸収するので、紫外線を下に通しにくいが、太陽光も吸収して熱くなりやすい、という特徴を理解して使うように気をつけています。つまり直射日光には当たらないようにする。

麻のシャツは、綿のシャツに比べると、かなり涼しいです、生地の目が荒いので、風を通しやすいのが一番の違い。ただ、真夏に着て外を歩くと、我慢できないほどではありませんが、汗ダラダラにはなります。麻の特徴としては、シワ、毛羽立ち、色落ちがしやすい。ほとんど新品でも一度自分で洗濯すると結構毛羽立ちや色落ちがします。このシャツの場合は、毛羽立ち等が味として出ているので、今のところ気になりませんが、洗濯時にはできるだけ傷まないように洗濯ネットに入れてごく短時間だけ洗濯機で回しています。上の写真を見ると結構色あせているように見えますが、実際はそれほどではないです。

tomorrowland-hemp-shirt/トゥモローランドの夏用シャツ

このシャツの襟の形が、スッキリしていて好きです。トゥモローランドの他の同サイズのシャツと比べるとゆったり目の作りで、羽織る感じで着れます。丈はタックイン用のシャツに比べると、10センチ近く短いので、パンツの外に出して、カジュアルな印象で着るシャツだと思う。

tomorrowland-hemp-shirt-Button
拡大写真。

こうやって麻の生地の表面を拡大すると、表面が白っぽく毛羽立っているのがわかる、これが酷くなるとチープさが出るので、生地を出来るだけ擦らないように気をつけている。麻の生地自体は、がっしりしていて強度がありそうな感触です。ボタンは貝殻ボタンです、洗濯したら、ボタンを留めている糸が緩んできたので(どうもボタンを留める糸も麻のような気がする)、ほつれ止めピケを塗っておきました。シャツでどこが一番最初に傷んでくるかというと、ボタンの糸なので、最近はシャツを買ったら耐久性を上げるために、一番最初にほつれ止めを塗ってから着るようにしています。

【楽天】tomorrowland麻のシャツ
【amazon】tomorrowland麻のシャツ

広告

コメントを残す