長く飽きずに使えるオーソドックスな良質チノパン、TUKIのウエストポイントのパンツ

小説の中に出てくるような、質が良い綿のパンツ、について。

極普通の丈夫で何年も使える定番のチノパンが欲しくなった。そこで購入したのがこのTUKIのウェストポイントのチノパンです。TUKIのチノパンを買うまではユニクロ、無印、GAP辺りでしかチノパンを買ったことがありませんでした。その前はほぼジーンズばかり履いていました。

今までのパンツの履歴を書くと、最初はほぼ毎日ジーンズばかり履いていました。次に、ジーンズより綺麗目なパンツが欲しくて、チノパンツを履くようになり、最初はユニクロと無印でチノパンを買いました。最初はチノパンに違和感がありましたが、履きなれると、ジーンズよりチノパンが楽に感じました。

チノパン自体には満足していたものの、無印、ユニクロのチノパンはしばらく履くと太すぎる気がして、次にGAPでスリムフィットの太すぎないチノパンを見つけました。GAPのスリムフィットは履いた時のシルエットが綺麗で、それまでユニクロ、無印しか履いたことがない自分には、感動するくらいシルエットが良かったです。GAPのスリムフィットは定価8000円くらいの物がセールで1500円ほどになっていたのでチノパンの最初の1枚としてはとてもいいと今でも思います。まとめて数枚買いました。ただGAPのチノパンは生地が薄くペラペラ感があるので質は値段相当だと思います。

その後、もう少し質がいいチノパンが欲しくて選んだのが今回のTUKIのチノパンです。小説を読んでいると、質の良いコットンのパンツ、みたいな表現が出てくるイメージがあって、実際にそんな文章を読んだことがあるかは曖昧なんですが、その表現がとても好きです。なので、質の良いコットンのパンツ、という言葉で表現できるようなパンツを探してみました。そして辿り着いたのがTUKIのパンツです。

TUKIのウエストポイントのチノパン
購入したのがこのTUKI West Point 03 KHAKI。上の写真はもう何年か履いた物。TUKIはパンツ専門メーカーで、私には履けないような奇抜なデザインのパンツも作っているが、このウエストポイントのパンツをはじめ、何種類か普通に町中を履けるようなパンツも作っている。ウエストポイントのチノパン以外では、
trousers(トラウザーズパンツ)
も気に入ったので、これも後で買いました。これらは極普通のパンツで、質が良く、履きやすく、さり気なくお洒落なので気に入っています。

TUKI West Point back
TUKI West Pointパンツの後ろ側。

上と下の写真で色が違いますが、日陰だと上、日向だと下の色に近いです。

TUKIWestPointTU-0009
フロントはボタンで留めるタイプ。ボタンは面倒くさそうなイメージだが、コツがあるので、コツを掴めば全然面倒ではないです。片手の指先でちょいちょいと外せます。

TUKIのウエストポイントの後ろポケットのボタン
後ろのポケットにあるボタンがワンポイントのアクセントになっていて良い感じ。

このパンツは最初は糊がついているので、ノンウォッシュのジーンズみたいに、カチカチの状態です。何度か洗濯すると、糊が落ち、だんだん柔らかくなっていき、サイズも少し縮みます。なので、何度か洗濯してから近所のイオンにあるマジックミシンで裾上げをしてもらいました。

生地を最初に見た時は、ザラザラして荒っぽい感じがして、シワもできるし綺麗目では履きにくいかな、と思いました。しかし、慣れてしまうと全然そんなことはなくて、しばらく履くと馴染んできて綺麗目でもOKです。GAPのチノパンがツルツルなので、それと比較して最初は余計ザラザラした印象がしたんだと思います。

履き心地は、股上は浅くなく、深くなく絶妙です。この部分はかなり気に入りました。太さも太すぎず、細すぎずで絶妙です。ウェストポイントの生地はかなり厚手で耐久性は相当高いです。生地が厚いと言っても、夏から冬まで1年中履ける生地なので、とても重宝しています。今まで買ったパンツは、しばらく履いているとだんだん他のパンツが欲しくなっていたのですが、このパンツは履けば履くほど気に入って愛着が湧いてきます。バランスがいいパンツなので、ストレスなく履けるせいか、出かける時に、無意識にこのパンツを選んでしまいます。ようは、そういうパンツです。気に入ったので全く同じものをもう一本買いました。

【楽天】TUKI West Point
【amazon】TUKI West Point

広告

コメントを残す