さっと気軽に羽織るのに便利なキルティングジャケット、トラディショナルウェザーウェア

夏が終わり、夜間少し肌寒くなり、かといって冬ほど寒くなくコートを着ると熱い、こういう時に着る上着が欲しくて購入したのがトラディショナルウェザーウェアのキルティングジャケット。

以前は、キルティングジャケットっていったい誰がどんな用途で着るのか謎でした。セレクトショップの店員さんから、秋に上着として上から羽織るのに便利と教えられてなるほど、と謎が溶けました。
トラディショナルウェザーのキルティングジェケット Traditional Weatherwear WAVERLY short coat

トラディショナルウェザーウェアのキルティングジャケットといっても何種類もあるので買う時は迷います。私の場合は秋に上着として羽織れるタイプが欲しかったので、着丈が長すぎず、詰め物がウールではなく綿やポリエステル製の物を探しました。ウールだと保温性が高すぎて熱いので、秋に着るには高機能すぎる。汚れを気にせず着たいので表面もポリエステルのツルツルしている物を選びました。

この条件で探して見つかったのが、Traditional Weatherwear WAVERLY(ウェイバリー)。同じWAVERLYでも種類がいくつかあるようで、私が選んだのは、表面がポリエステル、中綿もポリエステルのタイプ。ウールのタイプ(WAVERLY(ウェイバリー) ウール)だと4万とかするようですが、ポリエステルのタイプは価格も安く、セールで1万円ほどでした。

Traditional Weatherwear

中は鮮やかなパープルで最初は着るのが恥ずかしかった。実際に着てしまえば紫はほとんど見えないので、さりげないアクセントになって悪く無いと思います。中綿はウールではなくポリエステルなので秋に着ても暑すぎないです、逆に言うと寒い時には保温性は期待できないので適材適所で着るようにしている。1つ気になるのは、襟の部分がコーデュロイのようになっていて起毛加工してあるんですが、ここに埃がついて目立ちやすいです、適度にブラシでホコリを取らないと外出先で恥ずかしい思いをします。

この手のキルティングジャケットはいろんなブランドから出ていて、ユニクロや無印からも毎年のように発売されている。トラディショナルウェザーウェアの物は、それほど高くないのですが、ユニクロ、無印に比べると近くで見ると、なんとなく差を感じますが、遠くから見ると私にはほとんど見分けがつかないので、別に無印のものでも良かったような気はしていますが、1万という価格と、秋に気軽に着れるアウターとして重宝しているので満足しています。

【楽天】Traditional Weatherwear WAVERLY
【amazon】Traditional Weatherwear

広告

コメントを残す