シンプルで丈夫でさり気なくオシャレ、そして手頃価格、英国ジャベツクリフのベルト

ちゃんとした革でできた、シンプルな革製のベルトが欲しくてジャベツクリフ(JABEZ CLIFF)のベルトを購入しました。

お手頃な革ベルトのジャベツクリフのベルト
すでに数年使用したジャベツクリフのベルト(私が購入したのは→【JABEZ CLIFF/ジャベツクリフ】幅28ミリ ブラック)。

長く愛用できるように、しっかりした革で作られ、そして飽きないように派手な装飾がないベルトを探していました。ベルトの種類は無数にあるのでほんと探していると切りがありません。

イギリスのジャベツクリフのベルトにした理由はいくつかあります。スーツ専用の綺麗目なベルトだと、ジーンズなどカジュアルなズボンを履く時に少しおかしい気がするのと、ジーンズ専用のようなゴツイベルトは逆に綺麗目の服装の時に使えない、ジャベツクリフのベルトは余計な物が付いておらず、かと言って無骨過ぎない点が良かった。イギリスの馬具メーカーなのでベルトの穴を通す部分に馬具をイメージさせる控えめな番号の刻印があり、穴の形に少し工夫もしてありさりげなくお洒落な点。そしてなんといっても価格がお手頃なのが決め手になりました。

馬具メーカーらしいデザインのジャベツクリフ
さりげない感じで穴の部分がしずく型になっており、番号が刻んである。

馬具メーカーらしいデザイン
ベルトの穴はしずく型になっている。

真上から見たジャベツクリフ
真上から。

革が分厚いジャベツクリフ
かなり革が分厚いのがわかる。

ジャベツクリフの真鍮製のバックル部分
バックル部分は真鍮製のように見える。最初は、この金色とくすんだ感じが気になっていたんですが、実際に使ってみると派手すぎず地味な金色とこのくすみが良い雰囲気を出すんだとわかりました。

今までも革のベルトは持っていたんですが、薄い革の物ばかりでした。今回ジャベツクリフのベルトを購入して、最初その厚さに驚きました。通販で購入して、その時、厚さ等も説明にあったのでわかってはいたのですが、実際に手に持つとずっしりと重厚感があります。そして革が硬いです。正直、最初はこんな重たくて硬いベルトは使いにくいかも、と思いました。しかし、しばらく使っていると、革が馴染んできて、硬さを感じず、絶妙な肌触りと軟さになってきました。重さもほとんど気にならなくなりました。つまりベルトの存在を意識せずに使えるようになりました。

ジャベツクリフのこのベルトは、幅が28ミリと38ミリがあります。ベルト自体の厚みが結構あるので、38mmの方だと、パンツによってはベルトループが傷むことがあるらしいです。私は、厚さがあるベルトなので、幅広だとゴツくなりすぎるかも、と思い28mmにしましたが、28mmで正解でした。細すぎることもなく、ジーンズ、チノパンともに合いました。

以下、ジーンズとチノパンに合わせた写真。 ジーンズに合わせたジャベツクリフ

革が分厚いので、この幅でも細いとは感じなかった。

ジャベツクリフのバックル部分
バックル部分。ジャベツクリフのベルトは様々な長さの物が用意されているので、ちょうど真ん中の穴を使う時にぴったり合うように長さを選んだ。

裏面2
後ろからみた写真

チノパンに合わせたジャベツクリフ
こちらは、GAPのチノパンに合わせてみた。ジーンズの時と同じく、ベルトループとの間に隙間はあるがベルトの厚さがあり存在感があるので、この幅で良かったと思う。

裏面
裏面。

サイズに関して。安いベルトだと自分でハサミで切って長さを調整するものがあるんですが、ジャベツクリフのベルトは調整はできず、最初から長さを選んで買う必要があります。私は商品説明が一番良いと感じたトラッド ハウス フクスミにて通販で購入したので試着なしで注文したんですが、トラッド ハウス フクスミ:ベルトサイズのはかり方ページ内にわかりやすい解説があるので問題なく注文できました。

価格に関しては、私がジャベツクリフのベルトを購入した時は、8,400円でした。その後値上げがあり9,800円(税抜き)になったようですが、それでも質を考えると、お手頃な良質ベルトだと思います。ナンバー部分と穴のデザインも気に入っているので、色違いや、幅の違うものなどどれかもう1本買いたいなと思っています。

【楽天】ジャベツクリフ
【amazon】ジャベツクリフ
【ヤフオク】ジャベツクリフ

どこも定価販売がほとんどですが、ヤフオクに出品されているジャベツクリフを見ると、時々新品が安く出ているのでこまめにチェックしていると掘り出し物があるかもしれません。

広告

コメントを残す