「シャツ」カテゴリーアーカイブ

洗いざらしで気軽に着れるブルーのシャツ、トゥモローランドのシャトルダンガリーシャツ

着回しの効く青色のシャツについて。

ボタンダウンのシャツは、無地、ストライプ、ギンガムチェック、とすでに何枚か持っているので、バリエーションの幅を広げるために、次はボタンダウンでないシャツが欲しくなってきました。襟周りのデザインはたくさん種類がありますが、パッと見た時に良かったのが、下のカッタウェイタイプのシャツ。ゴテゴテしておらず、さり気なく抑制の効いたおしゃれ感がしたので気に入りました。

tomorrowland blue shirt トゥモローランドのブルーのカッタウェイシャツ

これが購入したトゥモローランドのシャツ、シャトルタンガリーというらしく、1950年代の織り機で作った布らしい。たしかに生地の表面をみると、少しザラザラした均質でない感じがする。生地はかなりやわらかい。正直、あまりビンテージに興味がないので、同じ形と色で普通の布の物があれはそちらを買っていたと思います。生地の強度的にはちょっと弱そうな感触がします。洗濯した後に洗いざらしでパンパンとして干せばそのまま着れます。

tomorrowland shirt トゥモローランドの使いやすい青色の綿シャツ

この襟の形をカッタウェイというらしい。ボタンダウンのシャツ以外ほとんど持っていなかったので、この襟の形が新鮮に感じる。

tomorrowlandshirt トゥモローランドのシャトルタンガリーシャツ

角度によっていろんな表情が出てくる。

tomorrowland shirt color

襟はユニクロや無印のシャツに比べると、たぶん少し高めだと思う、しかしカッタウェイタイプの襟で、襟が小さめなので、重たい感じや、気取った感じは一切せず良い感じです。サイズ感は無印、ユニクロより小さめですが、ぴっちりというほどではありません。

いくつかシャツを着てみましたが、シャツは青系が一番使いやすく、洗いざらしでシワができてもそのまま着れる素材のシャツが圧倒的に便利です。なのでこの条件に合うシャツがあると自然と目がとまります。最初に無印のボタンダウンシャツを買い、次にSEROのスーピマコットンのオックスフォードボタンダウンシャツを買い、次にこのトゥモローランドのカッタウェイシャツを選びました。

今まで買った服の中で買った後にほとんど着らずにタンスの肥やしになっている服が少なくありません。なので、いろんな流行の洋服に手を出すのではなく、極普通の着回しの効くベーシックアイテムの中の範囲でいろいろバリエーションを増やすようにしています。

【楽天】tomorrowland シャツ
【amazon】tomorrowland シャツ

ユニクロ、無印のシャツより質が良く使いやすい、SEROのギンガムチェックシャツ

質が良いギンガムチェックシャツについてです。

ユニクロ、無印より質が良いシャツとして、SEROのスーピマコットンの無地シャツを買い、次にボタンダウンのストライプシャツを買いました。これらブルーの無地シャツと紺のストライプシャツは使いやすいので、重宝していました。ただ、もう少しバリエーションを増やしたかったので、調べたところ、ギンガムチェックのシャツもいろんな服装に合わせやすく使い勝手が良いとのことで、同じくSEROから出ていたギンガムチェックの紺色のシャツを買いました。

SERO gingham check button down shirt(セロ ギンガムチェック ボタンダウンシャツ)

こちらもボタンダウンシャツになっている。ボタンダウンだと1枚で来てもかっちりした感じが出て、だらしない感じがしにくい。

SERO gingham check shirt

前に買ったSEROのストライプシャツに比べると、少し小さめ、スーピマコットンのオックスフォードシャツに比べると少し大きめ、に感じるが、個体差なのか、もともとの設計なのかは不明。このシャツも他のSEROと同様、縫製はちょっと甘いと思う。生地は良い。サイズも細すぎなくていい。ストライプシャツと同じく、ギンガムチェックシャツもどんな服装にも合わせやすいので、重宝しています。

ユニクロ、無印との違いは、やはり襟周りに立体感があるのと、生地の質が良い点、縫製に関してはユニクロの方がいいかも。

【楽天】SERO ギンガムチェックシャツ
【amazon】SERO シャツ

質がよくオーソドックスで使いやすいストライプシャツ、SEROのストライプシャツ

質が良く使いやすいストライプシャツについて。

ユニクロ、無印より良いシャツとして、最初にSEROのスーピマコットン製オックスフォードボタンダウンシャツを購入しました。次に無地ではなく、模様が入っている質が良いシャツが欲しくなりました。SEROのシャツが気に入っていたので、SEROからストライプシャツが出てないか調べたところ見つかったので即買いしました。

SERO stripe button down shirt(セロ ストライプ ボタンダウンシャツ)

ストライプは黒と紺色があったが、紺色の方が使い勝手が良さそうなので、紺を選択。

SERO stripe shirt

サイズ感は同じSEROのオックスフォードシャツに比べると、若干大きく丈も長い。結構ゆったり目です。なのでタックアウトすると少し丈が長く感じる。生地はスーピマコットンの方に比べると薄いが強度はありそうな肌触り。ユニクロと無印から発売されている同じようなストライプシャツも持っているんですが、やっぱりぱっと見で何か違うのはわかります。襟周りがカッコいいのと、洗濯後に干して乾いた時にSEROの方が生地にしっかり感がありシワが少ない。特に襟周りは顔の近くで目立つので、SEROの方のしっかりした襟周りは立体感があり顔を引き締めてくれると思う、SEROに比べると、ユニクロ、無印は襟周りは貧弱に見えてしまう。

ストライプシャツは便利で、何にでも合わせやすいので、無地のシャツの次に買うシャツとしてはよい選択肢でした。

【楽天】SEROストライプシャツ
【amazon】SEROシャツ

ユニクロ、無印の次に選んだ、質がいいオーソドックスなシャツ、SEROのオックスフォードボタンダウンシャツ

質がよく、長く使える、オーソドックスな定番シャツについて。

ユニクロ、無印のシャツしか持っていなくて、次にもう少し良いシャツが欲しいな、と思い購入したのがこのSEROのオックスフォードボタンダウンシャツです。無印のオックスフォードシャツが気に入っていたので、同じようなシャツで質を上の物を探すと自然とこのシャツに行き着きました。

セロ スーピマコットン オックスフォードボタンダウンシャツ SERO supima cotton oxford button down shirt

形とサイズはオーソドックスで、細すぎず太すぎずです。日本の商社が日本向けに企画した商品とのことでサイズ感は絶妙です。ユニクロ、無印のダボダボさに比べると体にフィットするけど、セレクトショップにありがちな体にぴったりフィットするような、細くて動きにくいような細さは全くありません。

シャツの種類については、ユニクロと無印のシャツは安いのでいろいろな種類を着てみましたが、オックスフォードボタンダウンのシャツが自分には一番使いやすく、実際使う頻度が一番多い。

SERO supima cotton oxford button down shirt eri

襟は無印のオックスフォードシャツに比べると少し大きめです、初めて来た時はカッコいい、と思わず声を出してしまいました。大きすぎて襟が主張することもないのでちょうどいいと思う。

SUPIMA cotton oxford

生地の拡大

2014-07-29 17.56.53

気に入ったので1枚買った後に3枚買って傷まないようにローテーションさせています。

SERO button down shirt

こちらはすでに1年以上使用したもの、耐久性は高いと思います。

SERO oxford button down shirt

しばらく使うと襟周りも馴染んできている。

SEROのシャツは、高級綿として使われているスーピマコットン100%製。無印の綿シャツと比べると、かなり違いがわかります。無印の方は厚くてゴワゴワ、セロの方は、厚いが、ふんわり柔らか、肌触りがよくて気分が良くなります。初めて着た時は着心地の良さにちょっと感動しました、やっぱり良い物は良いというのがわかります。ユニクロのスーピマコットン製のTシャツは、良さがあまりわからなかったんですが、SEROのシャツをたまに着ると、今でも着心地がいいなぁというのが体でわかります。

洗濯する時は、干す時にパンパンとやって、乾いたらアイロンをかけなくてもそのまま着れて、生地が厚いので耐久性が高くて、ボタンダウンなので使い勝手がよくて、サイズ感が程良くて、いい意味で極普通の質がよいシャツです。SEROのシャツはメイドインカナダ製なのですが、縫製がイマイチです。細かい部分が雑なのがよく見るとわかります。その点だけがちょっと気になりました。ボタンの部分の糸はほどけやすいので、買った後にすぐほつれ止めピケを塗って強化しています。

このセロのシャツですが、セールの時期には、かなり安く売られているのを見かけるので、ちょこちょこ買い足しています。

【楽天】SERO シャツ
【amazon】SERO シャツ

シワや汚れを気にせずラフに羽織れるシャツ、KATOのシャンブワークレーシャツ

汚れやシワなど気にせず気軽に着れるシャツについて。

旅行に行く時、出来るだけ荷物を少なくしたいので持っていく洋服も最低限にします。そういう時にあったらいいな、といつも思っていたのが、汚れや皺(しわ)を気にせず、気軽に羽織れるシャツです。こういうシャツは旅行以外でも、遠出や、公園や山などちょっとしたアウトドア的な場所でも使えるので重宝します。

今まで着たことのあるシャツの中で、その目的に合いそうなのは、デニム系の素材でできたシャツです。ジーンズと同じで皺と汚れが目立たないので、気軽に使えるし、洗濯が適当でもそれなりに着ることができる。旅行先で洗わなくても何日も着れることが基本ですが、もし汚れてもホテルの部屋で自分で手洗いして乾かすことができ、しわくちゃでもおかしくないシャツは安心して旅行に持って行くことができます。

KATO AAA シャンブレーワークシャツ

最初デニム系のシャツを探していて、最終的に購入したのがこのKATO AAA シャンブレーワークシャツです。シャンブレーシャツは、デニムシャツに比べて薄手のシャツが多いのでより便利です。シャンブレーシャツをいろいろ見てみて、最終的には一目惚れでこのシャツに決めました。カジュアル過ぎず、綺麗目すぎない点が気に入りました。長く使うつもりなので、17,000円(税抜)とかなり値が張りましたが頑張って購入しました。

KATO AAA シャンブレーワークシャツの裏側
襟周りはごくオーソドックスな飽きにくいデザインです。パッと見た時に感じる生地の質感は安っぽさがなく良い感じです。

カトーのトリプルエーのシャンブレーワークシャツ
背中の当たる一部分だけ白い生地になっています。

KATO AAA chambray shirts
裏側。タックアウトして着てもおかしくないシャツの下部。

KATO AAA chambray shirt 01
手首周り。

KATO AAA chambray shirt 02
腰回り。3本使って縫ってある。

KATO AAA chambray shirt 03
フロントのボタン部分。ボタンの作りに対して、シャツ本体の生地が薄め。シャンブレーシャツというのそもそも、デニムやタンガリーシャツと縫い方が違い、シャンブレーは平織り、デニム、タンガリーは綾織り。平織りと綾織りの違いは調べたけど具体的にどういう違いが出るのかよくわからなかった。シャンブレーは一般的には薄手の生地が多いみたいだ。

KATO AAA chambray shirt 04
胸ポケット。

KATO AAA chambray shirt fablic detail
シャンブレー生地の拡大写真。わかりにくいが、青系の糸と、白系の糸が一本一本交互に縫われている。なので、自然な風味が出て、汚れやシワが目立ちにくい。

カトートリプルエーのシャンブレーシャツは、サイズは大きめなので、かなりゆったりして着る感じです。デザインは、綺麗目とカジュアルの真ん中より、少しカジュアルよりだと思います。使い勝手は予想通りで、汚れやシワは全然気になりません、洗濯して干して、そのまますぐ着れるので、ジーンズと同じ感じで扱えます。ただ、ジーンズの生地に比べるとかなり薄くて軽いです。ジーンズと同じように何年も使えるような洋服なので、大切に着ていくつもりです。

【楽天】KATO AAA シャンブレーワークシャツ

*このシャツは17,000円でしたが、シャンブレーシャツは汚れやシワが目立ちにくいので古着を気にしないなら、古着を狙うのもありだと思います。ヤフオク内KATOシャンブレーシャツや、ブランド古着の専門店RAGTAG Onlineをチェックしてみると、ちょこちょこ入荷しています。