「アニエスベー」タグアーカイブ

極標準的な黒の綿スラックス、アニエスの定番黒パンツ

スタンダードな綿の黒スラックスについて。

綺麗目のシャツと革靴等に合わせる真っ黒のパンツが欲しかったので、アニエスベーの定番の黒の綿スラックス(パンタロン)を購入。

agnesb pants アニエスベースラックス
アニエスベーの黒系のパンツはいくつか定番的な物があって、1つはファイブポケットのコットンギャバジンのパンツ、もう1つがこのスラックスのパンツ。スラックスは何か?と言われると答えにくいけど、スーツの下に履いても合わせられるもの、というイメージ。同じアニエスのファイブポケット(ジーンズみたいなタイプ)よりこっちのスラックスはゆったり目で履いていて楽です。ただシワはよりやすいと思う。

agnes b homme pants アニエスベーオムスラックスパンツ

スラックスなので、フロントボタンも隠れるようになっている、ファイブポケットパンツは腰の当たりで履くが、スラックスはウエストで履くので、サイズには気をつけないといけない。スラックスというと、ウール100%の物が多いが、ウールはシワは寄りにくいけども、洗濯が面倒なので、ウールのパンツは買わないようにしている。綿パンツは皺はよりやすいが、基本動物由来の素材より、植物由来の素材が感触が好み。スラックスは探せば種類がいくらでもあるが、黒系の定番の綿のスラックスというとアニエスベーにありそうというイメージだったので、このアニエスの綿パンツを買いました。履いた時のシルエットも綺麗だし買って満足しています。あまり出番はないパンツなので長く使うことになりそうです。

【楽天】agnesb パンツ

1

綺麗な青のジーンズ、アニエスベーのジーンズ

綺麗目の青のジーンズについて。

いくつか基本のパンツが揃ってきたので、そろそろ色物というか、少し色がついたパンツも欲しくなってきた。と言っても派手なものではなくて、少し明るいブルーのジーンズが欲しくなってきた。ダメージ加工したようなジーンズにはあまり興味がなくて、青で、色がまだらではなくて、均質に青の物が欲しい、生地も青っぽくなくて、目が細かい物がいい。

アニエスベーのジーンズ

そこで見つけたのが、アニエスベーのジーンズ。綺麗な均質の青で、生地がきめ細かく、上品な印象がする。

agnes bのパンツ

このアニエスのジーンズはストレッチが効いていて、少し細め。ピチピチしたパンツは苦手なので、これくらいが細さの限界です。

agnes bのデニム

後ろのポケットが小さく上についているので、足からおしりにかけてのラインが綺麗。

このアニエスのジーンズのどこが気に入ったのかと言えば、深い青ときめ細かい生地の質感。明るい色がついたパンツで、生地が荒かったら、上品な感じがなくなるので、この点は大切だと思います。

【楽天】agnes b パンツ

1

生地が薄くて濃紺の綺麗目に履けるジーンズ、アニエスベーのジーンズ

上品な感じのするジーンズについてです。

すでにジーンズはお気に入りの物が見つかり満足していたのですが、もっと上品というか綺麗目な感じの物が一本欲しくなり、選んだのがアニエスベー(Agnes b)のジーンズ(パンタロン)です。

Agnes b jeans(アニエスベーのデニムパンツ)

これが購入したアニエスのジーンズ。

たまたまアニエスベーのセールで見かけて一目惚れしました。デニム生地なんですが、生地の厚さは薄めで、抑制が効いた光沢があります。色も濃く、かといって真っ黒ではなく濃いグレーに微妙に青系が入っています。なので上品な感じが出ていて、かといってデニム生地なので上品過ぎることもなく、何にでも合わせやすいです。サイズ感はゆったり目で長時間履いても楽ちんです。

いくつかパンツを買ってみてわかったんですが、真っ黒のパンツは使いにくい、カッコいいからつい買いたくなるんだけど。かと言ってあまり青すぎるジーンズも使いにくい。なので濃い目の濃紺のデニムから、黒や濃いグレーに近い紺色がいいとわかりました。そんな時のこのパンツを見つけたので即買いしたわけです。

このアニエスのパンツを買った時についていたタグにはパンタロン(pantalon)と書いてありました。調べてみると、パンタロンはフランス語でパンツの意味でした。アニエスベーは、フランスのブランドで、極普通のスタンダードな洋服を上品に仕上げたものがあるので、そういうアイテムが気に入っています。

【楽天】アニエスベー パンツ

1